== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ヒストリー ==

英国人憧れの貴族生活

DA2

ダウントンアビーはエドワーディアン時代の 最後の貴族生活を描いたドラマで
英国民 憧れの大人気番組です。

20世紀始めの貴族の館 アップステァ と 使用人の住むダウンステァの生活や
マナーの違いを垣間見る事ができます。

朝から一日中 シーンに合わせて 洋服やドレスを執事達やドレスメイドに手伝
わせて着替えている姿を見ているとその浪費が当時の大英帝国を支えてきた
のだと思います。

クリスマスの特別番組では英国中の人々が翌日のボックシングディにこの話題
で終始したので現地にいた私も参加しながら この番組に対する英国人の思い
入れに驚きました。

まさに社会現象で日本中のあまちゃん現象のようでした。

見所は 大変細かく マナーやテーブルセッティング フラワーアレンジメントまで
満載です。

DA1


楽しみですねー

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:43:23 ━ Page top ━…‥・

== ヒストリー ==

クリスマスの金貨のチョコレート

クリスマスに沢山のチョコレートが中に詰まった金貨を見かけることが多いと思います。

これはサンタが煙突をとおって部屋に入りプレゼントを置いて行くときに
サンタとトナカイのルドルフの為に お茶やビスケット 人参などを置いてくれていた子供たちのための、サンタクロースからのお礼と言われています。

時には暖炉につるした靴下の中にリンゴやオレンジと共に入っていることがあります。

日本では長靴にこの金貨のチョコレートやお菓子が入ったものがクリスマスになると
沢山売り出されます。

これはそれらが変化して定着したものとも言われていますね

佐藤よし子
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:32:13 ━ Page top ━…‥・

== ヒストリー ==

英国のアフタヌーンティ

英国のアフタヌーンティー
19世紀に東洋に憧れて始まったアフタヌーンティー
様々な約束事が有り数ある英国のティータイムの中でも
お茶を一杯飲んだだけで、その人のクラスがわかると言われた
とても気難しいお茶会だったのです。

中でもアフタヌーンティーを開く為に、一番大切なこと
それは 綺麗に掃除された部屋と
全てを整えた後のアフタヌーンティーやインテリアについて語れる
知識豊富な美しい女主人だったのです。

アフタヌーンティーを開く為に女主人は大変な努力とお勉強を
しなければならなかったのですね。

そしてその苦労を人に決して感じさせてはいけなかったのです。

クリスマスに英国でアフタヌーンティーの予約をしました!
そんな歴史を感じながら楽しみたいですね
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:32:05 ━ Page top ━…‥・

== ヒストリー ==

ミセス ビ-トンは19世紀の女性の憧れ主婦のカリスマ

村田先生!
ミセスビ-トンの御本 入手出来ておめでとうございます!

ミセスビ-トンは 19世紀当時、女主人となってサーバント達を指導しなければ
ならない、女主人の卵や、若くして女主人となった女性達のカリスマだったのです。

女主人とは ただアフタヌーンティを開いて澄ましているのではなく
電球の変え方から 家具の修理方法、魚のさばき方から 狩りで獲った水鳥のさ
ばき方、フラワーアレンジ、おもてなし全てのレシピから、マナーやエティケット、
ハウスキーピングの全てをも把握して家を完璧な状態にキープしていなければな
らなかったのです。

そして19世紀からの大ベストセラーで現代も時代に合わせ改定版が増刷されて
いるのです。 
しかし 彼女は、人気最盛期に27歳の若さで命を落としてしまったのです。

でも、彼女の知識の全てがこの1冊にこめられているのですね

彼女の素晴らしさは忘れられることなく語り継がれ、
今も花嫁に、この本をプレゼントするのは 上流階級のおばあさま達のお決まり
となっています。

凄いですよね.

佐藤よし子
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:45:33 ━ Page top ━…‥・

== ヒストリー ==

ハロウィーンの起源

ハロウィーンの起源
ハロウィーンの習慣は17世紀英国南部では一度消えてしまったのですが、英国北部やアイルランド、スッコットランドでは広く普及しておりました。

アングロサクソン系やカトリックに深くかかわりを持ち、聖人の日と収穫感謝祭が一緒になったもので、もともとケルト人の一年の終わりは10月31日で、この日に死者の霊が家族をたずねたり精霊や魔女が出てくると信じられており 仮面をかぶったりして普段の姿を偽り 火を焚いて過ごしたとされています。

ここ10年位、英国や世界中でハロウィーンの行事とされているものはアメリカンスタイルで、本来のかぼちゃにキャンドルをともす事や仮装する事などは引き継がれていますが。

少し形が変わり、お祭りさわぎの怖いけど楽しい子供や若者のパーティとなったようですね。 本来のハロウィーンのテーマは、色は基本黒とオレンジ色で、不気味なものや恐ろしいもので、妖精や精霊 死神 怪物 黒魔術 伝説の怪物 幽霊 魔女 こうもり 黒猫、ゴブリン、ゾンビ、魔人 小説の中のおそろしい 主人公ドラキュラなども良いとされているので今後の仮装のご参考に、、、、、
 

佐藤よし子
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:54:34 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。