== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ヒストリー ==

ティガウン

IMG_4057.jpg

IMG_4056.jpg

IMG_4055.jpg

暑い京都に村田順子先生と、これは見逃してはならないと
出かけて見に行ったのが美しいティガウンの展示会でした!
ヴィクトリアン時代の女性達はとても小柄!

英国の友人達からヴィクトリアン時代サイズのよし子と言われています。
V&Aの展示された19世紀のティガウン達もとても小さなドレス。

ティガウンは当初 アフタヌーンティとは呼ばれないお茶の時間に友人を
ベッドルームに招き、ティガウンはベッドルームでしか着られないものだっ
たのですが
段々と女性の身体が楽なように決められた約束事は残り美しいティガウ
ンは外にも出ていけるようなデザインへと変化して行くのです、

アフタヌーティの時間が時代によって変わりました。
英語の文献によって フォーオクロックティやファイブオクロックティと呼ばれ

とりあえずは午後に開かれるお茶会は全てアフタヌーンティと呼ばれるよう
になりました。
と私の友人の英国の貴族のお茶好きな方のご説明、、、、

日本の茶道のように謎めいており
公の場で語られる事と、家庭内でのみ語り続けられ事とがはっきりとわかれ
ているのです。

そして,このアフタヌーンティをハイティと真面目に呼ぶことは貴族の間では
ない等など、、、、
月曜日から英国に出かけて、その謎を追いかけてきます。

佐藤よし子
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:02:37 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://queensmanner.blog.fc2.com/tb.php/84-c4382717
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。