== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== マナー ==

ウォルト・ディズニーの約束

ウォルトディズニーの約束02

「DOWNTON ABBEY」面白いですね~~!!やっぱり字幕なしでは
わからなかった部分が鮮明になって、複雑に絡み合う人間関係にときめ
きました
アップステアもダウンステアにも人間が生きていて、そこにはそれぞれの
役割があってドラマがある。まだ2話ですが、本当に上質な物語だと感じ
ました。

最近観た映画では『ウォルト・ディズニーの約束』が大変興味深かったです。
皆様はご覧になりましたか?
「メリー・ポピンズ」の原作者パメラ・トラヴァースがウォルト・ディズニーから
映画化を依頼され、嫌だ嫌だ!とヒステリックにわめき散らしながら、アメ
リカに渡り、ウォルトやディズニーのスタッフたち(シャーマン兄弟)、タクシ
ーの運転手らと関わりながら、映画の完成を迎えるまでのお話。
流れの中に、原作者パメラの幼少期のトラウマがオーバーラップして行く
のですが、なかなか切なく意味深なシーンが満載でした。

オーストラリアで生まれたパメラですが、生粋の厳格な英国人を気取って
いるように見えます。アメリカなんか大嫌い!あきらかに上から目線で、ア
メリカの文化を小バカにしています。
英国人だから・・・と、アメリカ人たちはパメラに気を遣って、何度も紅茶を
入れてくれるのですが、そのたびにパメラは叫ぶのです。
「ミルクが先よー!!」
あんたたちはそんなマナーも知らないのね!!と言っているように聞こえ
ます。そのシーンが繰り返し何度も出て来るのです。
そして、そのシーンには何の説明もありません。知っている人は意味がわ
かるけど、知らない日本人は「そうか、本格的な英国式はミルクが先なん
だ!」と、思ってしまうかもしれませんね

そうなんです、このシーンでパメラの階級がわかってしまうのです。

何の説明もなく、繰り返し象徴的に紅茶のシーンを入れたこの映画には、
いつもよし子先生から教わるエッセンスがいっぱい。
良い勉強になりました

村田順子

スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:32:02 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://queensmanner.blog.fc2.com/tb.php/49-a32ad68e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。