== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ヒストリー ==

★✨京都服飾文化研究財団✨★


8月21日まで、京都・西大路のワコール本社内にある「京都服飾文化
研究財団」のKCIギャラリーで、ティーガウンの展示が行われていま

これは見に行かねば~!!と、よし子先生と一緒に行って来ました。
ティーガウンの説明はよし子先生のコーナーでお勉強してくださいね。

↑写真は、京都服飾文化研究財団が1989年に開催した『華麗な革
命展』 大特集 Hi FASHIONの付録です
もう~これは私の宝物!!で、26年間資料にし続けて来たため、
ボロボロばらばらです


IMG_4059b.jpg
これは大好きなリージェンシースタイル。
リージェンシーのイメージ色である白い木綿とフリル、レースがあま
りにもステキで、ため息がオゾン層を破壊しそう
このままこれを普段着にしたいんですけど~ダメですか?


IMG_4060b.jpg
冬のコートは真っ赤なミリタリースタイル

京都服飾文化研究財団さんの衣装は、あまりにも状態が良いので、
もしかしたらリプロダクションかな?と思っていたら、すべて当時
のものなのだそうです
芸術的な修復師の手わざによって、奇跡のようによみがえった国宝
級の衣装を、機会があったら皆様もぜひ見に行ってくださいね

★村田順子★☆。.:*・°☆☆。.:*・°☆
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:58:10 ━ Page top ━…‥・

== ヒストリー ==

ティガウン

IMG_4057.jpg

IMG_4056.jpg

IMG_4055.jpg

暑い京都に村田順子先生と、これは見逃してはならないと
出かけて見に行ったのが美しいティガウンの展示会でした!
ヴィクトリアン時代の女性達はとても小柄!

英国の友人達からヴィクトリアン時代サイズのよし子と言われています。
V&Aの展示された19世紀のティガウン達もとても小さなドレス。

ティガウンは当初 アフタヌーンティとは呼ばれないお茶の時間に友人を
ベッドルームに招き、ティガウンはベッドルームでしか着られないものだっ
たのですが
段々と女性の身体が楽なように決められた約束事は残り美しいティガウ
ンは外にも出ていけるようなデザインへと変化して行くのです、

アフタヌーティの時間が時代によって変わりました。
英語の文献によって フォーオクロックティやファイブオクロックティと呼ばれ

とりあえずは午後に開かれるお茶会は全てアフタヌーンティと呼ばれるよう
になりました。
と私の友人の英国の貴族のお茶好きな方のご説明、、、、

日本の茶道のように謎めいており
公の場で語られる事と、家庭内でのみ語り続けられ事とがはっきりとわかれ
ているのです。

そして,このアフタヌーンティをハイティと真面目に呼ぶことは貴族の間では
ない等など、、、、
月曜日から英国に出かけて、その謎を追いかけてきます。

佐藤よし子
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:02:37 ━ Page top ━…‥・

== 村田順子日記 ==

よし子先生と打合せ★☆。.:*・°☆☆。.:*・°☆★


ホテルオークラで、20年以上もマナーのお教室を開催しておられる
よし子先生ですが、建て替えのため取り壊されることになったこの
素晴らしいホテルでの最後のレッスンが行われました


IMG_3956.jpg
この日ホテルが先生のために用意してくださったお部屋(スイート!)は、
なんと!すべてがリージェンシースタイル


IMG_3957.jpg
テラスレストランで、伝統のローストビーフをご馳走になり、そのまま
お部屋にお邪魔して打合せをしたのですが、こんなミニバーコーナー
までリージェンシー(アンピール)様式にしつらえてあって、大感激で
した


IMG_3959.jpg
わ、私の顔がでかい
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:07:15 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。