== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ヒストリー ==

英国のレースのカーテン

IMG_2011.jpg

IMG_2010.jpg

19世紀 英国ではなみかぜが吹いてくると
重いカーテンからとりはらわれ美しいレースのカーテンに架け替えらえれる季節
となりますね

レースのカーテンが南風にあおられまるで外に出るように誘っていると英国でい
われるのもこのころです。

IMG_2009.jpg

季節ごとにカーテンを変えて心のリフレっシュすることの大切さ 人の気持ちもさ
わやかになります、季節がよくなってくると部屋の模様がえをして気分転換して
新しいものを始めてみませんか。
人生とは待っているだけでは何も起こらないのです、自分自身のを気分転換さ
せて行くことの大切さを季節がおしえてくれるのですね!

佐藤よし子拝

スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:42:39 ━ Page top ━…‥・

== マナー ==

ウォルト・ディズニーの約束

ウォルトディズニーの約束02

「DOWNTON ABBEY」面白いですね~~!!やっぱり字幕なしでは
わからなかった部分が鮮明になって、複雑に絡み合う人間関係にときめ
きました
アップステアもダウンステアにも人間が生きていて、そこにはそれぞれの
役割があってドラマがある。まだ2話ですが、本当に上質な物語だと感じ
ました。

最近観た映画では『ウォルト・ディズニーの約束』が大変興味深かったです。
皆様はご覧になりましたか?
「メリー・ポピンズ」の原作者パメラ・トラヴァースがウォルト・ディズニーから
映画化を依頼され、嫌だ嫌だ!とヒステリックにわめき散らしながら、アメ
リカに渡り、ウォルトやディズニーのスタッフたち(シャーマン兄弟)、タクシ
ーの運転手らと関わりながら、映画の完成を迎えるまでのお話。
流れの中に、原作者パメラの幼少期のトラウマがオーバーラップして行く
のですが、なかなか切なく意味深なシーンが満載でした。

オーストラリアで生まれたパメラですが、生粋の厳格な英国人を気取って
いるように見えます。アメリカなんか大嫌い!あきらかに上から目線で、ア
メリカの文化を小バカにしています。
英国人だから・・・と、アメリカ人たちはパメラに気を遣って、何度も紅茶を
入れてくれるのですが、そのたびにパメラは叫ぶのです。
「ミルクが先よー!!」
あんたたちはそんなマナーも知らないのね!!と言っているように聞こえ
ます。そのシーンが繰り返し何度も出て来るのです。
そして、そのシーンには何の説明もありません。知っている人は意味がわ
かるけど、知らない日本人は「そうか、本格的な英国式はミルクが先なん
だ!」と、思ってしまうかもしれませんね

そうなんです、このシーンでパメラの階級がわかってしまうのです。

何の説明もなく、繰り返し象徴的に紅茶のシーンを入れたこの映画には、
いつもよし子先生から教わるエッセンスがいっぱい。
良い勉強になりました

村田順子

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:32:02 ━ Page top ━…‥・

== ヒストリー ==

英国人憧れの貴族生活

DA2

ダウントンアビーはエドワーディアン時代の 最後の貴族生活を描いたドラマで
英国民 憧れの大人気番組です。

20世紀始めの貴族の館 アップステァ と 使用人の住むダウンステァの生活や
マナーの違いを垣間見る事ができます。

朝から一日中 シーンに合わせて 洋服やドレスを執事達やドレスメイドに手伝
わせて着替えている姿を見ているとその浪費が当時の大英帝国を支えてきた
のだと思います。

クリスマスの特別番組では英国中の人々が翌日のボックシングディにこの話題
で終始したので現地にいた私も参加しながら この番組に対する英国人の思い
入れに驚きました。

まさに社会現象で日本中のあまちゃん現象のようでした。

見所は 大変細かく マナーやテーブルセッティング フラワーアレンジメントまで
満載です。

DA1


楽しみですねー

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:43:23 ━ Page top ━…‥・

== 英国 ==

ダウントン・アビー

ダウントンアビー

ダウントン・アビー~華麗なる英国貴族の館~が、今夜5月11日(日)
から始まります~!!毎週日曜日、午後11:00スタートですよ~

以前、ロンドンでDVDを購入したのですが、字幕付き(いや吹き替えか?)
で見ることができて嬉しいです。
テレビ版は編集されていることが多いので、カット場面が少ないことを祈り
つつ。
よし子先生もこのドラマはお好きで、よく話題に上りますね
わ~ん楽しみ~
皆様も見てくださいね。

ダウントン・アビー
↑NHKのオフィシャルサイトです


🌠🌠🌠村田順子🌠🌠🌠

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 02:42:58 ━ Page top ━…‥・

== 英国 ==

英国の唯美主義

英国の唯美主義

もう土壇場ですね
東京駅近くの三菱一号館美術館で開催されている
『ザ・ビューティフル~英国の唯美主義1860~1900』
にやっと行って来ました!!
アークヒルズで行われていた『ラファエロ前派展』には、よし子
先生と見に行きましたが、唯美主義の方は開催期間が長いので、
うかうかしていました
あ~~もうあと少しで終わってしまう~~!!
ラファエロ前派展と比べて、この時代を反映するあらゆる芸術作品
を網羅しているため、好みが分かれるかもしれませんが、私はビア
ズリーの原画を見られただけでもう大感激でした

あと、最後のショップに売っている図録が素晴らしかったです。
作りが本格的な上製本(ハードカバー)、表紙には金の箔押し
がほどこされ、アンティーク本のような丸背のフォローバック。
見返しには、唯美主義を象徴するピーコックの羽根の図柄が…。
本当に美しい豪華本のような図録で、宝物になりました

三菱一号館の建物自体がステキなので、その分も含め印象が良か
った気もします。

会期は2014年1月30日から5月6日までです。
もうご覧になった方も多いかと思いますが、まだの方はぜひ~~!

🌠🌠村田順子🌠🌠

ザ・ビューティフル
詳細はこちらへ…
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:26:57 ━ Page top ━…‥・

== 英国 ==

HER MAJESTY

HER MAJESTY

皆様GWいかがお過ごしでしょうか
私は、ようやく庭のバラの蕾がふくらんで来たので、ガーデニングに
勤しんでおります。今年も8種類のつるバラが一斉に咲くといいな

今日は、年末に訪れたパリの本屋で見つけたエリザベス女王の記
念本をご紹介しますね。
とにかくとんでもなく大きくて重い本です
エリザベス女王が生まれてから~現在までの貴重な貴重な写真集。
パリで見つけた時、こんな重い本を持って帰るのは無理!!とあきら
めたのですが、良い時代ですね、Amazonで買えました。
しかもパリとほぼ同じ金額で!!

こんな豪華な本が1万円ちょっとで買えるなんて!これはお値打ち
ですよ~。私は、ヨーロッパの架空王国の王子の話をよく描いてい
ますので、お部屋の資料にバッチリ!でした


HER MAJESTY
↑Amazonで今ならまだ買えますので、ご興味があったらチェックし
 てみてください。

🌠🌠村田順子🌠🌠
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:02:07 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。