== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ヒストリー ==

ハロウィーンの起源

ハロウィーンの起源
ハロウィーンの習慣は17世紀英国南部では一度消えてしまったのですが、英国北部やアイルランド、スッコットランドでは広く普及しておりました。

アングロサクソン系やカトリックに深くかかわりを持ち、聖人の日と収穫感謝祭が一緒になったもので、もともとケルト人の一年の終わりは10月31日で、この日に死者の霊が家族をたずねたり精霊や魔女が出てくると信じられており 仮面をかぶったりして普段の姿を偽り 火を焚いて過ごしたとされています。

ここ10年位、英国や世界中でハロウィーンの行事とされているものはアメリカンスタイルで、本来のかぼちゃにキャンドルをともす事や仮装する事などは引き継がれていますが。

少し形が変わり、お祭りさわぎの怖いけど楽しい子供や若者のパーティとなったようですね。 本来のハロウィーンのテーマは、色は基本黒とオレンジ色で、不気味なものや恐ろしいもので、妖精や精霊 死神 怪物 黒魔術 伝説の怪物 幽霊 魔女 こうもり 黒猫、ゴブリン、ゾンビ、魔人 小説の中のおそろしい 主人公ドラキュラなども良いとされているので今後の仮装のご参考に、、、、、
 

佐藤よし子
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:54:34 ━ Page top ━…‥・

== 英国 ==

よし子先生のヘッドドレス

   ヘアードレス

ハロウィンですね~
日本人としては若干気が引けてしまうのですが、宗教的な意味合
いは、もはやなくなっている…と聞きました。もともとケルトの秋の
収穫祭ですよね?
最近はお食事会やパーティでも、あまり派手に装うと浮いてしまう
ことが多いので、堂々とコスチューム・プレイができるのは、ハロウ
ィンくらい。
普段でも、こんなヘッドドレスをつけて違和感がない先生がうらやま
しいです(笑)

私が先日参加したパーティでは、それはそれは皆さん趣向をこらし
て、素晴らしかったですよ。さすがコスプレ大国日本!!
よし子先生がおっしゃるように、街中がコスプレになることはあり得
ないことですが、若い子たちの思い思いの仮装は、世界のどこに出
しても誇れるものだと思いました

でも、いつかロンドンでハロウィンを体験してみた~い(≧ω≦)//。
やっぱりハロウィンの本場はイギリスですよね?


村田順子
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:35:21 ━ Page top ━…‥・

== 雑談 ==

ロンドンの10月31日ハロゥイン

順子先生
私のハロゥインの思い出なのですが、10月31日ハロゥインをすっかり忘れて、
お気に入りのミュ-ジカルを観終わりレスタースクエアの劇場から出た途端!
私はまるでハロゥインの舞台に飛び込んだような錯覚におちいったのです。

何故なら 地下鉄は閉鎖され、目の前には 美しくメイクアップしたお化け達が
町並みに溶け込み、何百人も普通に歩きまわっていたのです。
青白いメイクアップの美しいバレリーナの頬には血の跡があり 
ドラキュラは本物のホワイトタイとテールコート!

青白い照明のナイトツァーのバスの車掌は
クリスマスキャロルのスクル-ジのような顔に車掌の正装だったのです。
その列は、レスタースクエアからメイフェアのリッツホテルまで
幻想的な世界が広がっており、
パブから出てくる若者達も皆、妖精など本格的仮装していて、
もしかして私達はどこか違う世界に迷い込んだ?と思わせる程だったのです。

ロンドンのあの地域の若者達の仮装は日本では考えられない位本格的でした。
そんな中 お化け達や妖精をかき分けながらアパートにむかって歩いて帰りましたが 
なんだか不思議に楽しい夜になりました。

明日日本でもそんな事 おこらないかしら、、、、
 
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:28:19 ━ Page top ━…‥・

== 雑談 ==

英国のクラフトビール

英国大使館の玄関
<これは、英国大使館の大使公邸の玄関

は~いよし子先生

明日はハロウィンなので、開催中の東京デザイナーズウィークも
仮装大会みたいですよ
私は先日、Vanps主催「HALLOWEEN PARTY 2013」で、軽く仮装
を楽しんでしまったので、なかなか日本では飲めない、珍しい英国の
クラフトビールだけを、ただひたすら堪能して来ます。

ちなみにVanpsでは、ロンドンで買ったヘッドドレスを付けて好評で
した(笑)。なかなか普段付けられないので、仮装パーティは良いで
すね

村田順子
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:09:23 ━ Page top ━…‥・

== 雑談 ==

ビール

順子先生
ビール 頑張ってのんでくださいね~ ビールは歴史が古く ローマン時代から、ビールらしき物があったらしいです。本にも書いてありますが、 ヨーロッパ中で毎日のカジュアルシーンには欠かせない飲み物ですよね
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:45:50 ━ Page top ━…‥・

== 英国 ==

美味しいイギリス

英国食の大使
左から、村田、よし子先生、ハリーくん、鏡リュウジさん

少し前のことになりますが、英国大使館で行われた『ためしてみて、美味しい
イギリス』のレセプションに招待していただきました。
お友達のハリー杉山くんが、英国美食の親善大使に任命され、その任命式に
駆けつけました。
この秋は、英国大使館のイベントが目白押しですね~
よし子先生も、大阪の阪急百貨店の『英国フェア』でレクチャーされましたね。

私は今週、東京デザイナーズウィーク内のThe Great British Beer Festival
(英国大使館主催)に行ってみようと思っています。
30種類以上の英国直輸入ビールを何杯のみ干せるかが課題です!!

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:26:01 ━ Page top ━…‥・

== マナー ==

インテリア

ドローイングルーム

マナーというものはテーブルの上 や御挨拶の事ばかりと思いがちですが
意外な事に、御客様に敬意を表してインテリアを整え、 それを語る事や褒めることから始まるのです。
正しいマナーを習得するには 英国やヨーロッパの人々は沢山お勉強しなければならなかったのですね。
ちなみに ザ、クイーンズフィ二シングスクールの応接間は18世紀の中頃のジョージアン様式のシノワズリーです。


┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:22:17 ━ Page top ━…‥・

== 佐藤よし子日記 ==

英国は冬ですね。

皆様 英国はすっかり冬です。クリスマスももうすぐです
順子先生と英国のクラリッジでクリスマスイブのディナーを貴族のように楽し
んだのは2010年
その後2人の強い決意で作り上げたのがこの本なのです!
マナーがその形らしきものをなしてきたのはイタリア!それからヨーロッパ
中の人々が礼法によって人は仕上がる、、、、
where ever you go good manners make the man By Chencer Geofftey 
と。英国人は特に人格者は控えめで礼儀正しいという事を大切にした
のです。
これから 2人でそんなマナーについて色々語っていきたいと思っています!
お楽しみに ! 佐藤よし子
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:16:50 ━ Page top ━…‥・

== 村田順子日記 ==

『世界に通用するマナーを教えてさしあげます!』

マナー本

皆さまこんにちは☆。.:*・°☆。漫画家の村田順子です
マナーの権威佐藤よし子先生と出会い、この本を発行したのが
2011年の初夏。

続編を描きたいよ~!!と思いながらも、季節だけが過ぎて行き、
そろそろ立ち上がらなくては~と、一念発起してよし子先生との
公開書簡という形で、何かを始めようということになりました。

マナーの秘密や歴史、英国情報やイベントのお知らせなど、少し
ずつUPして行きたいと思っています。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:06:40 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。