== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ヒストリー ==

クリスマスに

クリスマス
本日は クリスマス前の ステアアップサンデー
家族そろって願いをかけながら クリスマスプディングの下ごしらえをする
大切な日です。16世紀から20世紀まで 幸せのコインとして、作られてていた6ペンスコイン、、、

クリスマスプディングにしのばせて焼きます。

そして クリスマスにはお昼のディナーの後の」デザートに熱々の
蒸したプディングを頂きます!その中でコインが当たった人は来年一年間素晴らしい年を迎える
と言われています。

そして このコインはクリスマスだけではなく 結婚式に花嫁の白いシルクの靴にしのばせるとも言われています。
現在入手困難な6ペンスコイン
日本には クックべァと3個だけあります!
英国のクリスマスでもちょっと忘れられかけているステァアップサンデーです。
今年は11月20日でした、

佐藤よし子
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 09:21:59 ━ Page top ━…‥・

== ヒストリー ==

春 もうすぐいちごの季節に

まだまだ 寒い日が続いていますが、
英国の友人に電話をすると よし子 もうすぐいちごの季節ね

水仙が咲き始めた事を話してくれました。
そして,イースターにむかって 今年のシムネルケーキのデザインは
卵とヒヨコと水仙!!!!と、、、、、、、

英国の友人達は暖かいいちごの季節を待ちわびています。
19世紀に イチゴ専用の器が沢山作られたのは
イチゴがフォーマルなフルーツだったからだそうです。
甘いイチゴが英国でいただけるのは、その昔は5月から8月のはじめまででした!!

アフタヌーンティにイチゴがだされるのも 良い季節だけ。
イースターもまだなのに、もう、初夏のガーデンティパーティーのお誘いでした!

紅茶を淹れるのは よし子とご指名をいただいて、、、、
笑ってしまいました。
素敵なおもてなしを楽しみにしています。
佐藤よし子
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:00:45 ━ Page top ━…‥・

== お知らせ ==

トークセッションのお知らせ

トークセッション

来週、鎌倉でトークセッションを行います。
ご興味がありましたらいらしてくださいませ。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 01:33:07 ━ Page top ━…‥・

== お知らせ ==

晩餐会のレポ漫画が出ました~♪


◆ハーレクインオリジナル2月号◆

晩餐会マンがブログUP用
↑クリックすると大きな画像がみられますよ~!

昨年10月末に行われた濱野昌子先生と佐藤よし子先生が
主催した「ダウントン・アビーの世界」を再現した貴族の
晩餐会のもようを漫画エッセイにいたしました
6ページなので、分厚い雑誌の中のほんの一部ですが、良か
ったら読んでくださいね~
可愛いよし子先生もいっぱい出て来ます
よろしくお願いいたします


 村田順子 
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:28:24 ━ Page top ━…‥・

== マナー ==

ディナータイムのテーブルセッティング、服装には意味が、、、、、、、

素晴らしい午餐会が フランス料理研究家 濱野先生のご協力で 10月25日に開かれました。

ダウントンアビーのディナータイムイメージをお楽しみいただけましたでしょうか?
皆様、素敵にドレスアップされてご参加ありがとうございました!!!!

ヨーロッパ全体のマナーとして、ディナータイムにドレスアップするという事には、
とても深い意味がある事を、御存知でしたか?

自分をただ、美しく見せるだけではなく、開催される方、、、、、
もしくは、レストランのシェフや働いてくださっている皆様への敬意を表現する事がドレスアップするということなのです。

花嫁花婿が白いボールガウンやホワィトタイで、お客様をお出迎えするのは、最高の敬意を表すことと言えば
分かりやすいのではないでしょうか、

これは、ヨーロッパ全体に大変古くから存在する礼儀作法なのです。
権威の表現や富をも表すことではありますが、

宝石もドレスもバックにも、朝のお集まりから 真夜中のフォーマルパーティまで
細やかな時間に合わせた服装やアクセサリーのマナーがあります。

そして、それらに合わせたテーブルセッティングがしつらえられるのです。
食器もグラスもテーブルクロスも銀器も、、、、、

この秘めたる約束事は知っている人たちの品格となって表現されるのですが、、、、、

ヨーロッパのレストランやホテルでの扱いが良い方向に変わるのはこの秘密の約束事を知っていると
相手に認められたことによるのです、

時間に合わせた服装やマナー大切ですよねー

佐藤よし子
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:37:15 ━ Page top ━…‥・

== 村田順子日記 ==

コニャック=ジエイ美術館


↑クリックすると大きい画像が見られます

フランス~Paris~マレ地区にあるコニャック=ジエイ美術館が
クリスチャン・ラクロワの演出により生まれ変わりました
2015年5月27日から12月27日まで『ティー、カフェ、
ショコラ』と題された展覧会が開催されています
カップ、ティーポット、ショコラティエール、カフェティエール
と共に、当時のお茶の時間などを描いた絵画を堪能することがで
きます。
この期間中に、もしパリを訪れる機会がありましたら、ぜひぜひ
見て来てくださいませ。
あ~私も、12月になったら飛んで行きたいな~

IMG_4229.jpg

IMG_4230.jpg

IMG_4231.jpg

私もたまたま、お茶やコーヒー、チョコレートを飲むシーン
ばかりを集めたロココ絵画の画集を持っていました
ブーシェ&シャルダンの絵が中心ですが、当時の優雅なティ
ータイムがいきいきと描かれていて本当にステキ
このあたりの絵が、コニャック=ジエイで見られると嬉しい
のですが、どうかな~??

✨★✨★村田順子★☆。.:*・°☆☆。.:*・°☆ ✨★✨

↓URL
Le renouveau du musée Cognacq Jay
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:42:15 ━ Page top ━…‥・

== レッスン ==

ダウントンアビーのレクチャー★☆。.:*・°☆☆。.:*

IMG_4150.jpgIMG_4149.jpg
よし子先生の、東京で行われた「ダウントンアビー」のレッスン
1回目にお手伝いと取材で参加させていただきました

写真のお花は、20世紀初頭のフラワーアレンジだそうです
活け方や花の種類、色などで時代の様式を表現できるらしいの
ですが、まだまだ修行が足りず、私はまったく違いを理解してい
ません。すみません。
花器はエドワーディアン様式のイパーン(皿付き飾り台)

レクチャーは、「ダウントンアビー」の時代背景、当時のアップステ
アとダウンステアのいろんなお約束、ドラマの中では、ほとんど
(あ・え・て)描かれない上流階級のマナーやしきたりを教えてもら
いました
貴族たちはクラスが交わることを嫌い、けしてマナーを人に教えま
せん。この「ダウントンアビー」の映像の中においても、それは貫か
れていて、それは知っている人間が見ると「パーフェクトないじわる」
に思えるほど(笑)。
だから、ドラマを見ているだけでは、上流階級のマナーはわからな
いのですネ

IMG_41451ブログIMG_4147ブログ
会場に向かう車中、皇居周辺がやたら渋滞していました。
いつもならすいすい走れる二重橋でピターッと動かなくなり、イライ
ラしていたら、パカパカと馬が…

お国はわかりませんが、大使の着任式に赴く馬車に遭遇
遠目では何度か見たことはありましたが、目の前を通り過ぎて行った
のは初めて

IMG_4146ブログ
天気が悪くて残念!
でもステキでした

✨★✨★村田順子★☆。.:*・°☆☆。.:*・°☆ ✨★✨



┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:28:04 ━ Page top ━…‥・

== ヒストリー ==

★✨京都服飾文化研究財団✨★


8月21日まで、京都・西大路のワコール本社内にある「京都服飾文化
研究財団」のKCIギャラリーで、ティーガウンの展示が行われていま

これは見に行かねば~!!と、よし子先生と一緒に行って来ました。
ティーガウンの説明はよし子先生のコーナーでお勉強してくださいね。

↑写真は、京都服飾文化研究財団が1989年に開催した『華麗な革
命展』 大特集 Hi FASHIONの付録です
もう~これは私の宝物!!で、26年間資料にし続けて来たため、
ボロボロばらばらです


IMG_4059b.jpg
これは大好きなリージェンシースタイル。
リージェンシーのイメージ色である白い木綿とフリル、レースがあま
りにもステキで、ため息がオゾン層を破壊しそう
このままこれを普段着にしたいんですけど~ダメですか?


IMG_4060b.jpg
冬のコートは真っ赤なミリタリースタイル

京都服飾文化研究財団さんの衣装は、あまりにも状態が良いので、
もしかしたらリプロダクションかな?と思っていたら、すべて当時
のものなのだそうです
芸術的な修復師の手わざによって、奇跡のようによみがえった国宝
級の衣装を、機会があったら皆様もぜひ見に行ってくださいね

★村田順子★☆。.:*・°☆☆。.:*・°☆
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:58:10 ━ Page top ━…‥・

== ヒストリー ==

ティガウン

IMG_4057.jpg

IMG_4056.jpg

IMG_4055.jpg

暑い京都に村田順子先生と、これは見逃してはならないと
出かけて見に行ったのが美しいティガウンの展示会でした!
ヴィクトリアン時代の女性達はとても小柄!

英国の友人達からヴィクトリアン時代サイズのよし子と言われています。
V&Aの展示された19世紀のティガウン達もとても小さなドレス。

ティガウンは当初 アフタヌーンティとは呼ばれないお茶の時間に友人を
ベッドルームに招き、ティガウンはベッドルームでしか着られないものだっ
たのですが
段々と女性の身体が楽なように決められた約束事は残り美しいティガウ
ンは外にも出ていけるようなデザインへと変化して行くのです、

アフタヌーティの時間が時代によって変わりました。
英語の文献によって フォーオクロックティやファイブオクロックティと呼ばれ

とりあえずは午後に開かれるお茶会は全てアフタヌーンティと呼ばれるよう
になりました。
と私の友人の英国の貴族のお茶好きな方のご説明、、、、

日本の茶道のように謎めいており
公の場で語られる事と、家庭内でのみ語り続けられ事とがはっきりとわかれ
ているのです。

そして,このアフタヌーンティをハイティと真面目に呼ぶことは貴族の間では
ない等など、、、、
月曜日から英国に出かけて、その謎を追いかけてきます。

佐藤よし子
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:02:37 ━ Page top ━…‥・

== 村田順子日記 ==

よし子先生と打合せ★☆。.:*・°☆☆。.:*・°☆★


ホテルオークラで、20年以上もマナーのお教室を開催しておられる
よし子先生ですが、建て替えのため取り壊されることになったこの
素晴らしいホテルでの最後のレッスンが行われました


IMG_3956.jpg
この日ホテルが先生のために用意してくださったお部屋(スイート!)は、
なんと!すべてがリージェンシースタイル


IMG_3957.jpg
テラスレストランで、伝統のローストビーフをご馳走になり、そのまま
お部屋にお邪魔して打合せをしたのですが、こんなミニバーコーナー
までリージェンシー(アンピール)様式にしつらえてあって、大感激で
した


IMG_3959.jpg
わ、私の顔がでかい
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:07:15 ━ Page top ━…‥・

== テレビの疑問 ==

クリームティのお話

テレビ番組でクリームティのお話がありました。

クリームティとは? 英国で一番カジュアルなお茶の時間なのです、
アフタヌーンティとは対極にあるお茶の時間。

バトラーも美しいインテリアもフォーマルな食器もありません。
大きなスコーンズと、たっぷりの紅茶が入るティカップとお皿があればカップが欠けていても良いと言われています。

農場の中にある簡単な材料で、スコーンをつくりの クロテットクリームと手作りのストロベリージャム!!!
そして,美味しいバターもたっぷりぬって 焼き立てを、手で二つに割り、片手に持ってかじりにつくのです。

カトラリーも出るのはステンレスの ナイフだけ、、、、、、
カントリーサイドで、農場で、夕食の前に、パッと楽しむ簡単なお茶の時間なのです。

時々アフタヌーンティと混同されているような時がありますが、、、、
英国にもマナーのほとんどない 楽しいお茶の時間もあるのです。
大使館で撮影されたクリームティのお話が 何故か悲しく残念な事に見えました。

佐藤よし子


┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:57:12 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。